カジノではどのような服装で入場するイメージかといえば、映画やドラマのシーンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。確かにカジノは大人の社交場であり、上流の遊技場として作られていますので、ドレスコードはある程度きちんとするほうが望ましいですし、実際にノーネクタイでは入場できないところもあります。が、たいていの場合はタキシードとドレスのような、映画さながらのかっこうは求めておらず、ごく普通の普段着で、ほかの客に迷惑をかけるようなものでなければ問題ありません。リゾート地や観光地で、いちいち正装に着替えるのは面倒ですから、それほどうるさいわけではないのです。とはいえ、海岸をぶらついたまま水着で訪れるような、肌の露出が多い場合は入場を断られます。また男性のタンクトップや短パンのような、だらしがないと判断される服装もまた、ドレスコードに触れて入れません。女性のキャミソールドレスのように、ファッション性のあるデザインならば許可されますが、ただ肌を出しているだけならば品格が落ちると見られ、やはり中には入れてもらえないでしょう。